07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

流星のゲーム日誌

ちまちまゲームや日常の事を書いていきます♪

Docker、とはなんぞや。 

ようやく一人でできる仕事の幅が広がってきた流星です。

今日は珍しくゲームの話じゃないです。
あくまで個人的に興味のある技術の話です。

さて、その密かに興味を寄せている技術というものは…
Docker」というものです。

たぶん有識者の方からすれば、今更なに言ってんの?
って感じでしょうが、お恥ずかしながらつい先日始めて知った次第です。

それでもIT業界の人間なの!?
…という幻聴を受け流しながら、さらに告白します。

実は題材にしておきながら、まだ一度も触れたことがありません。

それをどこで知ったのか、などの経緯については追記にて。



つい数日前の話ですが、会社の同僚と仕事帰りにラーメン屋に行きまして。

その同僚というのが(頭の悪い書き方をすれば)非常に頭の良い人間でして。
まぁ私が知らない技術をいつも話してくれるわけですよ。

で、私も無知ながらその手の話は嫌いではないので、ご飯を食べながらひたすら
互いに最近興味のある技術についてくっちゃべってました。

私は最近AWSやAzureなどのクラウドサービスに興味があり(これも今更…)、
同僚は「Dockerすごいで!」と熱弁をふるっていました。

しかしDockerという単語を聞いたことはあるものの、物を知らない私。

前々から興味はあったので、実際に動くところを見せてもらうことに。

同僚「例えばな?MySQLの入ったサーバを作りたいとするやろ?」
私「ほんほん」
同「そんならな、こうコマンドを打って……ほい、完成や!」
私「!? え、数秒やん?」
同「せやで、凄いやろ?(なぜかドヤ顔)」
私「はえぇ、しゅごい…」

お店でPCを覗きこみながら大騒ぎする二人。

さぞ、周りの人たちは引いていたことでしょう。
ごめんなさい。


さてさて、私が何にそこまで驚いていたかと言うと…

ローカル環境でVMを作成する際、
私はゲストOSのインストール作業からするのが当たり前だと思っていました。
※AWS等のローカルでないクラウドサービスや、Xenなどのテンプレート選択環境を除く。

しかしDockerではゲストOSを作成するのではなく、コンテナの上に直接プロセスを乗せ、
それをあたかも一つのVMのように扱うので、数秒で環境が構築できたように見え驚いたのです。

しかも根元にいるホストOSをベースとし、そこから異なる部分(差分)のみを新たに構築し、
その他共通部分はすべて共用とするので、基本的にリソースの心配をする必要がなく、
少ないリソースでたくさんのサービスを動かすことが可能なのです。

欠点としてはホストOSに縛られるのでLinux限定となってしまう点ですが、
Linuxマンな私にとっては欠点なしのような環境です。

※極限までリソースを共有しているので、厳密に言えば干渉の危険性などもありますが、
 それは今回省略します。


さっそく使いたい!と思ったものの、休日に自宅で試すほど技術マンな人間ではないので、
とりあえず週明けに会社で試そうかなー、とか思っていたりします。

リソースの心配をする必要がない点も、環境構築に時間がかからない点も、
Linuxに特化しているので安定性がある点も、何を取っても興味を惹かれない部分がありません。

まだ触れたことがなく、理解もまだまだ浅いので技術的に詳しいことは書けませんが、
あまりにも感動してしまったので、ついつい記事にしてしまいました。

また実際に触れた後に、どうだったなどを書く機会があればいいなぁ…とか思っていたり。

おそらく誤った理解の部分もあると思うので、有識者の方はご意見等くだされば幸いです。


ではでは、今回はこの辺で ノシ


Posted on 2016/10/09 Sun. 19:46 [edit]

category: IT備忘録

TB: 0    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameinfo7.blog137.fc2.com/tb.php/478-9f1d7e5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list